すごいタイトルですが、あるあるです。

自分に自信がないって、どういうことでしょうか?とその理由をお伺いすると、

「部下のすべての仕事を把握しているわけではない」

「管理職としての経験が浅い」

「部下が何を考えているか把握しきれない」

「そもそも人をひっぱっていく柄じゃない」

など。

本当は書ききれないくらいもっとたくさんのコメントが出てきます。

ただ、部下のすべてを把握して、経験豊かで、全員の考えを把握してひっぱっていく管理職は、

めったにいないというか、私はお会いしたことがそもそもありません。

みなさん何かが初めてで、やったことのないことに挑戦していて、自信満々ではありません。

と同時に、部下がその姿を見ていて、自分も何かやってみようと思うこともあります。

完璧を目指さなくてもいいので、今の自分にしかできないことをやってみる。

自分らしく働く姿勢そのものが、与えるインパクトってあるものです。

この記事を書いた人

保志 和美
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ
国際コーチ連盟認定コーチ
国際NLP協会認定NLPトレーナー

☆外資系コンサルティングファーム、メーカー、投資銀行で15年以上の研修の経験を軸に、強みや魅力がいまいち見えてこない方、やっていることに違和感を感じている方にクリアに方向性を見つけるコーチングを提供。その方の優位感覚も使いながら、自信を持って前に進むお手伝いをしています。