今まで一番自分に厳しいダメ出しをした人は誰でしたか?

私の場合、

絶対に褒めないテニスのコーチ

何をしても悪いところばかり指摘する昔の彼氏

などなど、他にもいっぱい。

ところがその後、心理カウンセラーと話をしていたら、

あなたにはもっと厳しいダメ出しをするやつがいますよね、という結論に…。

そいつが誰かというと、

自分の中にいる、もう一人の自分

「そんなんじゃ、人に言えないよ、見せられないよ」

「どうして、何度やってもできないの?」

そんなことをつぶやくやつ。

時にこの厳しいもう一人の自分は、

本来持っていて、出せる力を弱めてしまうことがあるわけです。

ビギナーズラックという現象は、予備知識がない状態が予期せぬ結果を生むことですが、

考え過ぎ、計算しすぎ、気の使い過ぎが悪循環をうむことがよくあります。

練習してもなかなかうまくならない自分のラケットボールを振り返って、

ふとそんなことを思い出しました。

こんなことを考えてること自体、考え過ぎ?かもしれませんがw

 

 

 

この記事を書いた人

保志 和美
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ 国際コーチ連盟認定コーチ 国際NLP協会認定NLPトレーナー ☆外資系コンサルティングファーム、メーカー、投資銀行で15年以上の研修の経験を軸に、強みや魅力がいまいち見えてこない方、やっていることに違和感を感じている方にクリアに方向性を見つけるコーチングを提供。その方の優位感覚も使いながら、自信を持って前に進むお手伝いをしています。