タロットカード、エンジェルカード、メディスンカード

世の中にはいろんなカードがあって、

ここで引いたことを

何かのメッセージとして受け取る、という遊びがあります。

これはそんな話なんですが、

私の友人で自分の仕事のことで悩んでいる人がいました。

親も世間も納得する学校を卒業して、就職したのに、

ぜんぜんうまくいっていませんでした。

半分、神も仏もあるものかと思っていました。

ある時、友人の自宅に夕食に招かれて、食後にくつろいでいたときに、

みんなでエンジェル・カードを引こうということになりました。

エンジェルカードには小さなメッセージが、

ひとことだけ書いてあるのです。

彼も一枚、引いてみました。

そこで引いたのは、なんと

『神に期待するな』

「は、会社を辞めろという意味?」

こんなひどい仕打ちみたいな言葉っていったい!?

彼のむっとした表情をちらりと見て、

カードの持ち主が言いました。

「神さまも忙しいから、自分で神に何ができるかもを考えてみてよって意味じゃない!?」

神は自分に何かをしてくれるもんじゃないのか?

その時、妙な気分になったそうです。

神さまが自分に何をしてくれるか、から

自分が神さまに何ができるのか、へ。

それは彼が、身の周りのできることを少し見渡してみて

できることをやり始めるきっかけになったのだそうです。

カードに関する動画はこちらから。

この記事を書いた人

保志 和美

米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ
国際コーチ連盟認定コーチ
国際NLP協会認定NLPトレーナー

☆外資系コンサルティングファーム、メーカー、投資銀行で15年以上の研修の経験を軸に、強みや魅力がいまいち見えてこない方、やっていることに違和感を感じている方にクリアに方向性を見つけるコーチングを提供。その方の優位感覚も使いながら、自信を持って前に進むお手伝いをしています。