外資系コンサルティングファーム、メーカー、投資銀行で15年超、研修のお仕事をしてきたコーチのカキコミ
カキコミ

不安とストレス

心の中の禁止事項

「でしゃばってはいけない」「反論してはいけない」といった暗黙の了解や、さらには「自分は幸せになってはいけない」「自分は3番手でなくてはいけない」なんていう謎めいた禁止事項まで、無意識に行動を制限する『貼り紙』が自分の心の中に貼ってある、なんてことがないですか?

自分ってダメなの?他の人がうらやましい!

「周りの人が羨ましい…、自分はあんなふうにはできない…」隣の芝生は青々と見えるものらしいけど、それにしても今の自分、ちっともイケてないじゃない!そんな時に教えてくれたある人の言葉が次の発想をうむヒントに…

30代、40代は今、何に悩んでいるの?

インターネットのお悩みサイトから、どんな質問や相談が寄せられているのかを調べたところ、悩みの内容で多かったものを、それぞれ4位から順に書きますと、30代は、4位 家庭・家族のこと、3位 将来のこと、2位 人間関係、1位 心身の疲れでした。では、40代はどうなんでしょうか?

誰の役にも立てなくて落ち込んだときに…

あるところにミツバチがいました。彼は毎日みつを集めにでかけるのですが、他のミツバチと違って、彼は飛ぶのが遅く、みつを集めるのもヘタでした。周りのミツバチたちが上手にたくさんみつをあつめるのを見て、落ち込んでいました。

身体が感じるストレスの兆候

腕が立つ、頭が切れる、足が遠のく。身体で表現する慣用句って結構ありますよね。これは感情だとか、特徴、状況を言い表すものですが、実際に身体って正直で、いろいろなサインを出してきます。

『受け入れてもらえない』という意外と大きなストレス

ストレスというと、通勤、締切、多忙、誰かからの圧力といろいろありますが、意外にも忘れてはいけないのは、周囲から受け入れてもらえないというストレス。せっかくのアイデアがスルーされたり、頑張ってやった仕事に、「あ、できたの?そこに置いといて」と軽くあしらわれると、ちょっとずつですが確実にムカつきます。

ふと我に返る 自分を客観視できる質問

アメリカにバイロン・ケイティという女性がいます。彼女は30代のころ、ひどい落ち込みでベッドから起きるのも難しい生活をしていました。ところがある日、彼女は何かに『目覚め』すべてを受け入れ、自分自身を取り戻しました。彼女はそれがきっかけでワークショップを始めます。それはどんな深遠な内容なのかと思いきや…

その不安にどう対処しますか?

反省や後悔は、過去にあるもの。(もう起こってしまったこと) 困惑や驚愕は、現在にあるもの。(今、起こっていること) 不安や心配は、未来にあるもの。(まだ起こっていないこと)

ダイエット、資格、仕事 停滞期におすすめのふたつのこと

暗黒とも思える時代には、経験した人にしか得られない学びもあるものです。このふたつはその学びをより深く、おおげさな言い方をすると『生きてる証』を感じさせてくれる媒介になってくれたりするものです。

死にたくなるほど答えがみつからない時に見る動画

答えがなかなか出てこないと、人一倍悩む、もがく。 でてくるまで、粘る。 だけどもし、どうしても答えがみつからないことがあったら、 私の先輩から教えてもらった詩があるので、ご覧くださいませ。

Youtube動画はこちら

 

メール配信はこちら

ステップメール

PAGETOP
Copyright © グレータープレゼンス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.